脱毛サロンの解約で気をつけておくこととは?

脱毛サロンでの脱毛には、長い期間がかかります。

その間で何かしらの不満がある場合には、思い切って「脱毛サロンを変える」という手段もあります。

 

しかし、このように脱毛サロンを変えてしまう場合には、解約手続きをしなければなりません。

では、脱毛サロンの解約方法とは、どのようなものなのでしょう。

 

まず、「契約はしたものの、一度も施術を受けていない」というケースならば、クーリングオフが適応される場合があります。

これは、解約をするにあたって「契約日から8日以内であること」が絶対条件となります。

例えば、「勧誘がひどくて断れなかった」などで契約を白紙に戻したい場合や、早い段階で解約の必要がある際に利用できます。

 

次に、「何回か施術を受けたけれども、途中で解約をしたい」という場合はどうなのでしょう。

この際には、解約時の手数料であったり返金額の割り出し方などが、各脱毛サロンによって異なってきます。

ですので、必ず契約書の確認をしておきましょう。

 

解約時の手数料などは、どこの脱毛サロンでも2万円ほどかかります。

なかには無料で解約ができる脱毛サロンもありますが、そんなに多くはありません。

 

この金額は法律で定められたもので、契約日から8日以上経っているが1度も施術をしていない場合は、上限が2万円となっています。

そして、契約の半分が終了しているなどしていて途中でやめる場合は、契約した金額のうち「残っている金額の10%を支払う」か「2万円を支払う」かのどちらかになります。

これに関しては、2万円より残金の10%の方が安ければ低い方が上限となり、その金額を支払います。

 

解約金については、どこの脱毛サロンも細かい規定を設けています。

その規定に沿って金額が出されているかなども、確認が必要となるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。